資格・スキルアップでパソコンスクールを選ぶならベテラン講師による直接指導のアイ日本総合ビジネス学院!!
アイ日本総合ビジネス学院 WEBサイト

アイのエピソード - 中国地区

広島 広島校 I.Tさん(公共職業訓練生)

「先生、明日面接に行ってくるので、遅刻します」
そう言った翌日の午後。
「面接受けたとこから電話なので、出てもいいですか?」と、授業中に携帯片手に教室を出ていきました。
数分後、教室に戻ってきた彼女は「先生どうしよう。面接に受かっちゃった」
と一言。
よくよく話を聞いてみると、面接会場には40人以上の面接希望者がおり、
採用人数はその中からたった1名。
面接中、終始笑顔を心がけ、事前に調べた面接企業のHPがすごくかわいくて、気に入って、どうしても働きたいと思ったんです。と、熱意をアピールしたということ。

急遽退所することとなり、退所願を記入する手がうれしさのあまり震えていました。

就職難のこの時代でも、熱意を持って前に進めば、できないことはない。という証明にもなったエピソードです。

広島 広島校 K.Tさん(75歳)
 お仕事も引退されて、「家ではパソコンは必要ないんだけど。」という方も習いに来られています。しかも何年も続けて。
  初めて来た時には、パソコンなんていっさいさわったことのない状態。 初歩熟年コースから始まり、 WORD、EXCELなど様々なコースを勉強されてきました。

  習い始めてからもう4〜5年経つでしょうか。 今では自分で考えて凝った文書が作れるようにまでなりました。 EXCELで表を作ったり、年賀状を作ったりもします。 そこまでできるようになって、なぜ習いに来られているかというと

  「ここに来るのが楽しい。パソコンで何か作っていくのが楽しい。」

 から、だそうです。 それだけで何年も通い続けてもらえていることに感動し、とても嬉しく思いました。
 
広島 広島校 匿名
 8回目授業が終わり、受講生さんが帰ろうとしたとき、ソッと手紙をいだたきました。 その女性は数年通っているのですが、気持ちが伝わってくるほど勉強熱心な方で、授業では集中し、分からないところはトコトン質問してこられます。

  出来ているのに「私なんてまだまだです」とおっしゃいます。 授業でやったことを活かして手紙を作ってくださり、今回はWord応用でしたので図形がたくさん使ってある賑やかな手紙でした。 「(大丈夫出来ますよ)の言葉に励まされた」と書いてあって、私のほうこそ励まされました。

  後々知ったのですが、腰の持病を持っておられ、発作が出て通うのも難しい時期もあったとか。 みなさん、目的が違って、色々な条件で通って来られていますが、それを感じさせる事なく頑張っている姿を思い出し感銘しました。
 
当校は国、県の公共職業訓練を受託しているパソコン教室です。
講師による直接指導
受講システムについて
資格をとりたい
楽しく学びたい
給付金を利用する
近くの教室を探す
全国の広告を見る
問い合わせをする
サイトマップ
学院からのお知らせ
 
関西地区 - 募集中!
色々な事を経験!
夢のある人大募集!!